番外編①チーバくんの目を描く(白目下)

2020年12月18日(金)
600キロRUNの番外編(続編)です。
番外編では、チーバくんの「体のパーツ」を描いていきたいと思います!
チーバくんには、目や鼻、口、耳、腕など、パーツが存在します。

きっかけは友人の一言

友人「千葉1周、楽しそうだね(^^) で、走り終わったらどうするの?

サキタ

…(考えてなかった)
その時は…
チーバくんの体のパーツを走る!

番外編は、本来、本編が終わった後にスタートしたかったのですが、
諸々の事情で2020年12月に、本編と並行してスタートしました。
※本編(600キロRUN)は、2021年6月に完結。

私がまず着手したのは「目」。
ちょうど印旛沼あたりを、まあるく走れば、目が描けます。
ただし、白目と黒目を両方描くには、トータル約60km必要。
というわけで、3回にわけて走ることにしました。

今日のルート

第1日目のメインの舞台は佐倉市。(後半ちょっと成田市)
白目の下の部分から、反時計回りに約21km走ります!

佐倉市は、過去に「佐倉朝日健康マラソン」で訪れたことがあります。
マラソンのコースの大半は、広大な田園地帯です。
印旛沼やオランダ風車があるので、楽しみです!

チーバくんで言えばこの辺り。

京成臼井駅-下総松崎駅(佐倉市-成田市)の一般道とサイクリングロード
約21キロ(予定)→実走20.2キロ

実際の走行履歴はこちら↓

↑印旛沼には、北印旛沼西印旛沼があります。
ちなみに、ふたつの沼は水路でつながっています。
印旛沼は生活用水・工業用水・農業用水に使われていて、
周辺には広大な干拓地が広がっています。

お楽しみは
前半:西印旛沼の眺望とオランダ風車
後半:北印旛沼の眺望

沼の周りには一部、サイクリングロードも敷設されています。
(今回はサイクリングロードはほとんど走りません)

千葉県の外周(海や川沿い)を走るだけの本編と異なり、
パーツを描くルートは複雑…

あらかじめGoogleマップで描いたルートを、
現地で都度スマホで確認しながら、
できるだけ大きく外れないように走ります。

9:50 京成臼井駅 

白目を描くために、降り立った最寄り駅は京成臼井駅。
ここから約30分かけて、徒歩でスタート地点(舟戸橋の北側)まで移動!

閑静な住宅街をトコトコ歩きます。

10:40 舟戸橋を出発

白目を描くために選んだ、舟戸橋の北側からスタート!
↓橋の付近には貸ボート店がありました。

西印旛沼の水面がとても穏やかです。
そして、空が開けて広く、眺めが良いです。
↓沢山の網があります。何がとれるのでしょうか?

水面が鏡のように穏やかでした。冬の晴れた日は、美しいですね。
数分で、早くもオランダ風車が、見えてきました!

遥か向こうにオランダ風車 リーフデ

10:45 かっぱ公園(舟戸広場)

舟戸橋の南側に到達!
印象的なかっぱが出迎えてくれました。

かっぱ公園(舟戸広場)

この界隈の、雨の夜景を詠んだ歌に関する案内板がありました↓

名勝・臼井八景 舟戸夜雨

案内板によると、昭和38年に舟戸大橋(今しがた渡った橋)が完成するまでは「舟戸の渡し船」が存在したそうです。

10:50 サイクリングロードに合流

県道 八千代・印旛沼・栄自転車道 406

印旛沼を巡るサイクリングロードに合流。
この先しばらく、桜並木の道(今は当然咲いてない)が続きます。

11:10 佐倉ふるさと広場 オランダ風車

「佐倉ふるさと広場」へやってきました。
ここはサイクリングロードの休憩所も兼ねています。

さっき、遠くから眺めた風車までやってきました。
↓オランダ製の風車を、日本で組立てたそうです。高さ15.6m。

佐倉ふるさと広場 本格的オランダ風車《リーフデ》

なぜ、佐倉でオランダ風車か、というと
江戸時代に、佐倉が蘭学を積極的に取り入れた町だったからだそうです。
(長崎と並んで称されるほど)
佐倉にある順天堂大学も、その流れを汲んで、できた学校が元です。
佐倉市は、現在も、オランダとの交流を盛んに行っています。

ふるさと広場を過去写真でご紹介

ふるさと広場は、例年4月、佐倉チューリップフェスタが行われる会場です。

2015年 チューリップフェスタにて

夏はひまわりが植栽されるので、7月もおすすめです。

2017年 訪問

(秋にはコスモスも植えられているそうですが、まだ行ったことがありません)

農産物直売所で一休み

風車の向かいに、農産物直売所がありました。
ここで美味しそうな、あんぱんを昼食用に買いました。
まだお腹は、すいてないので、ザックにぎゅうぎゅうに詰め込みました。

農産物直売所

11:30 竜神橋を渡る

西印旛沼に架かる大きな橋を渡ります。
ごく短い区間(橋の上だけ)ですが、「金メダルジョギングロード 裕子コース」を走りました。

金メダルジョギングロード 裕子コース

西印旛沼とはここでお別れ。
橋を渡ったら、チーバくんの目玉を描くために、田園地帯へと針路をとります。
風光明媚なサイクリングロードとも、裕子コースともお別れ。

遠くに今朝乗った京成線が見える

12:10 岩名運動公園を通過

目玉のルートに導かれ、のどかな田畑を走ること40分…。
たどり着いたのは「岩名運動公園」です。
あ、ここ来たことある!
佐倉朝日健康マラソンの会場(スタート&ゴール)の地でした。

岩名運動公園

この公園で、ランチのあんぱんをほおばりました。
マラソン当日は、このラストの坂がきつく感じたものです↑

あとで知ったのですが、2020年の2月にこの公園の中にある陸上競技場が「小出義雄記念陸上競技場」という名前に変わったのだそうです。

佐倉を拠点として、陸上のメダリストを育てた功績をたたえてのことです。
岩名運動公園を出たら、今度は「金メダルジョギングコース 尚子コース」にも遭遇しました。尚子コースも、印旛沼を見ながら走るコースです。

ホントはそっちを走りたいけど、目玉の形とかけ離れるのであきらめて、
目玉ルートを進みます。

お?丘のように盛り上がった高台がある↓
目玉ルートは、その先に通じているのでした。

13:00 順天堂大学 通過

さー、坂を上り切ったら、後半戦です!
丘の上に、順天堂大学がありました。
運動部の学生さんとも、門の外で、すれ違いました。
ちなみに、小出監督も順天堂大学出身だそうです。

まっすぐな道…これぞまさに干拓地!という光景です。

13:20 成田市に突入!

西印旛沼と北印旛沼を結ぶ「中央排水路」を渡ります。
佐倉市から、成田市に移りました。

ここからは北印旛沼の眺望を目指して走ります。
しばらくこれといった名所もなく、養殖場や田んぼや、
遠くに見える筑波山のシルエットを見ながら、ひたすら走りました。

ここで、リサーチ不足による痛い失敗。
目玉を意識するあまり、「甚兵衛公園」を見逃してしまいました。

昔、甚兵衛の渡しがあった場所で、松林と眺望が美しい公園だそうな…

甚兵衛の渡しは、悲しいお話が残るスポットですが、
一度見てみたかったです。またの機会に…

北総線

北総線をくぐって、北印旛沼のそばの「本日のゴール」へ向かいます。
ちなみに今日のゴールは、特に目印は決めていません。
北印旛沼がよく見はらせる場所で、駅に近ければ、どこでもいいかな。

筑波山

↑北総線をくぐると、筑波山がハッキリ見えるようになりました。
しかし!走れども走れども
北印旛沼は堤に阻まれて、見えません…

もしかしたら、この堤に上れば眺望が期待できるかもしれませんが、
立ち入ってよいものかどうか…不明です。

14:25「沼めぐりのみち」終点にてゴール

眺めのいい場所なんてない!ということで
「関東ふれあいの道」の「沼めぐりのみち」の終点という案内板をゴールとしました。

北印旛沼よ、次はその姿を見せておくれ…

14:40 下総松崎駅にて帰途につく

下総松崎(まんざき)駅まで、トコトコ歩いて、帰途につきました。
これで「まんざき」って読むらしいです。うーん、難読駅名!

本編と要領が違うので、戸惑いもありますが、ひとまずケガなく完走です。

本日までの走行履歴

番外編の第1日目は、チーバくんの白目をイメージして、20.2キロ走りました。

けっこうガタガタ?
でも、後日の走行履歴と繋げたら、それなりに見えるはずです!

今日のまとめ

↑千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん  許諾番号:第A2328-1

  • 冬の晴れた日の印旛沼は美しい
  • 佐倉市はオランダや蘭学ゆかりの地
  • 佐倉と言えばメダリスト&マラソン

目玉編のゴールまでは、およそ40キロ。ジグザグの旅が続きます。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ