④矢切駅-流山駅(松戸市-流山市)流鉄に癒やされる

2020年1月16日(木)
600キロRUNの4日目です。前回のゴール、北総線矢切駅からのスタート!

今日のルートは、歌で有名な「矢切の渡し」付近を出発して、ひたすら千葉県と埼玉県との県境(川沿い)を遡るルートです。

チーバくんで言えば、今日走るのは、鼻の下あたり

今日のルート

矢切-流山駅(松戸市-流山市)の一般道とサイクリングロード
約15キロ(予定)

今日のルートはひたすら川沿い。迷う要素はありません。お楽しみは

  • 前半:矢切の渡し 
  • 後半:ローカル線 流鉄-流山駅の付近の散策

です!

10:00 矢切駅を出発

前回のゴール、北総線-矢切駅からスタート。駅に矢切の渡し船が展示されていました。平成9年はじめまで使用されていたそうです。

説明文には、こうありました。

矢切の渡しは、歌手の細川たかしさんの歌った「矢切の渡し」や「映画フーテンの寅さん」で一躍全国的に有名になり、 現在では年間約18万人もの観光客に親しまれ利用されています。

今日は 「チーバくんを描くランニング」なので、乗船する予定はありませんが、是非見てみたいものです。しかし、駅付近には他にも観光スポットがあり、思わず立ち寄ってしまいました。

「野菊の墓」の文学碑です。

矢切村のことを書いた一説が紹介されていました。この付近の高台が「崖の上」「 武蔵一円および富士山が見える 」と表現されていました。まさしくその通りです。

矢切駅や野菊の墓文学碑付近は、高台になっていて、矢切の渡しに行くには、坂を下って行く必要があるんです。

10:30 矢切の渡しはお休み…

なんと、定休日・・・!下調べ不足でした。

乗船しなくても、せめて船を見たかったのですが…無念!基本冬季は土日祝運行だそうです。(この日は木曜だった)

トイレ

矢切の渡し付近には、観光案内所やトイレ・駐車場もありました。さすが年間約18万人の利用者数!

今日は、矢切の渡しは残念ながら見ることができませんでしたが、実は、過去に東京側から、船を眺めたことがありました。そのときの写真がこれ▼

いつか乗りたい…!

気を取り直して、RUN再開。河川敷のランニングは快適でした。あとから知ったのですが、「松戸野田関宿自転車道線」というサイクリングロードらしいです。

河川敷のトレイル。いい感じです。
出た!常夜灯

常夜灯は前回のRUNでも見かけました。船の目印です。説明板がありました。

江戸から大正にかけ江戸川は舟運が栄え明治になると通運丸と言う外輪船の客船が就航していました。夜になると明かりが灯り河岸(船着き場)の位置を知らせたそうです。松戸中央 ライオンズクラブ 寄贈

この付近は、河口から「20.1km」と表示されていました。東京湾から、ずいぶん遡ってきたものです。私はディズニーリゾートに寄り道しているので、もっと長く走っていますが。

その後も、黙々と走り続けました。時々散歩してる人とすれ違うくらいで、とてものどかなRUNでした。

12:40 流山市にてRUN終了

さらに走って、いつの間にか流山市に入っていました。­河口から「24km」過ぎ表示▼ まっすぐな走りやすい道。

今日はまだ15キロしか走ってない。体は走り足りないけど、この先しばらく駅がないので、ここで帰途につく(流山駅に向かう)為、本日のチーバくんの縁取りは終了。

矢河原の渡し跡▼にて、回れ右して、帰途につきながら散策することに。

江戸川にはかつて、渡しが沢山あって、この矢河原の渡しも昭和35年ごろまで使われていたようです。

12:50 駅付近の江戸回廊

矢河原の渡し跡から駅に向かう途中、江戸時代を連想させるような古い町並みを見かけました。文化財に登録されているような建物がいくつもあり、カフェやレストラン、ギャラリー、商店などに利用されていました。

駅前の「流山本町江戸回廊マップ」を見ると、見所が沢山ありました。

江戸回廊マップ

その中で私が特に気になった「トップ3」はこれ!

  1. 万華鏡ギャラリー
  2. 近藤勇陣屋跡
  3. 浅間神社(富士塚)

3の浅間神社(富士塚)が特に気になります!テレビで見て、いつか行ってみたいと思っていたんです。

この日は午後からお天気が崩れる予報だったので、あまり時間が残されていません。そこで、3の浅間神社だけに行くことにしました。

浅間神社に参拝しました

富士塚とは…富士山に登りたいけど、なかなか現地に行けない人の為に、富士山を模して作った築山のことです。登ると、富士登山同様の御利益がある…とされています。

富士塚(市指定文化財) 

「5合目」などと、表示があり、ゴツゴツした岩場が再現されていました。本物の富士山を表現しているんですね。憧れの地に立てて、興奮しました!

肉眼で、本物の富士山も見えるらしいので登ってみたけど、残念ながら見られませんでした。曇ってきたからかな?

13:00 流山駅 ゴール

散々寄り道して、流山駅に到着!くもり空MAX。

流鉄は6駅、5.7キロのローカル線で、市民の生活の足です。流山市は白みりん発祥地だそうで、かつてはその運搬に盛んに使われていたようです。

久しぶりに切符を買いました。スイカは使用できません。逆に新鮮。

駅にはコミュニティスペースが隣接していました。なんと、中にはこたつがあって、自由にくつろげるようになっていました。私がのぞいた時は、親子がお弁当を食べて、まったりくつろいでいました。横にあるトイレもきれいで、ホスピタリティが感じられる駅でした。

駅のホームにて

寒い中、ベンチで待つ人の為に手作りの座布団が置かれていました。よく見ると「明るい社会づくり」って、書いてある!こういうおもてなし、好き!
のんびりしたローカル線に揺られて、帰途につきました。

本日までの走行履歴

2019年12月に千葉みなと駅を出発して、今日までに合計80キロ走りました。

今日のまとめ

↑千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん  許諾番号:第A2328-1

  • 矢切の渡しは基本冬季は、土日祝
  • 江戸川はひたすら走りやすい
  • 流山駅付近は風情ある江戸回廊
  • 流鉄はおもてなし感あふれる鉄道

今日も楽しかった!旅の最終ゴールまでは、およそ515キロ。わくわくの旅が続きます。