リバウンドしない!ステイホームを乗り切る秘策

画像は内容と関係ありません

大げさなタイトルを付けましたが、
ステイホームでも「リバウンドをしないための秘策」
あります!
というより、見つけました!
それは…

掃除と踏み台昇降運動!

…と、その前に、掃除と踏み台昇降運動に至った経緯を。

緊急事態宣言と600キロRUN

2019年12月~2020年3月 約3ヶ月間の
週1回 20㎞程度のRUNと適切な糖質セーブで、
ダイエットに関してまずまずの滑り出しをした私。
(詳しくはダイエットの経過報告をご覧ください。)

しかし、2020年4月~5月の緊急事態宣言を受けて、
600キロRUNはお休みにすることに。

さらに、コロナ禍でも当初は、
「ランニングは戸外で行う運動だからOK」という雰囲気でしたが、

事態が深刻になるにつれ
「ランナーもマスクして走るべき」
という風潮に変わりました。

マスクをしてのRUNは、想像以上に過酷です…

さらに千葉県は6月中旬までは県をまたぐ移動の自粛が求められ、
予断を許さない状況が続いていました。

解除後も試練は続く

県をまたぐ移動の自粛があけると、すぐに長~い梅雨がやってきました。
梅雨は、なんと7月末まで続きました。

そして8月には、梅雨の記憶をすべて拭い去る程のピーカンの猛暑!

早くRUNを再開したい…
リバウンドしたくない…
という気持ちがある一方で、暑すぎて走れないという状況が続きました…

そんな日々の中で、たどり着いたのが
掃除と踏み台昇降運動 
でした。

皆がやってた「掃除」が〇

ステイホーム中に多くの人が実践したのが「掃除」ですよね。
絶好の行楽日和に、お仕事が休みなら、
今までならお出かけしていたはずですが、それが出来ない。

そのフラストレーションをどこへもっていくか…
それが身も心も磨かれる「掃除」でした。
私も例にもれず、徹底的に家中を掃除をしました。

特に力を入れたのが「棚卸し」

家中のあらゆる収納(棚、引き出し、押し入れなどなど)から、
モノを一旦取り出し、
中のほこりを取り、拭き清めて
また戻す。
その際、モノを把握すべく、
内容をチェックして、取捨選択。

モノを出したりしまったりするのは、
スクワットを繰り返すようなものなので、
長時間続けると相当な労力です。

拭き掃除も、しゃがんだり、腕を大きく伸ばしたり、
普段はやらないような動作の連続です。

カロママにも褒められる

カロママアプリのご紹介で少し書きましたが、
以下は、カロママアプリ内で
私の身長・体重で60分活動したときの消費カロリー予測です。

  • 掃除:60分→169キロカロリー
  • 踏み台昇降運動:60分→169キロカロリー
  • 普通歩行(1キロ15分ペース):→145キロカロリー
  • ランニング(1キロ10分ペース):→280キロカロリー
  • スロージョギング:60分→290キロカロリー

あくまでダイエット目線の話ではありますが、
遠くまで何時間も電車にのって遠征RUNするより、
自宅でせっせと掃除していた方が
所要時間から割り返すと
カロリー消費は多い…ということに!

下駄箱、シンク下、食品庫、クローゼットなど
「ほこりは見逃さない!」と言わんばかりに、聖域なき棚卸し。

夫もあきれるくらいの、
引っ越しさながらの大掃除になったのでした。

気づけば掃除自体が快感に

こうした掃除を仕事の休みの日ごとに行ううちに
「掃除は体もスッキリする」
ということに気づきました。

そのたびにカロママに掃除を運動として報告。
ママに褒められ、またうれしくなって掃除する…
というループが出来上がっておりました。

食後は掃除タイム

棚卸しは多少なりとも音が出るので、基本は日中行います。
夜に運動不足を感じた際は、水回りを磨くことにしました。

いつしか「日曜の食後は掃除タイム」と
マイルールが確立。
これが意外に、気持ちいい!

その時間はまるで、
お気に入りのジムにでも通っているようなウキウキタイムに。

この「日曜の食後は掃除タイム」という習慣は、
次第にほかの曜日にも拡大されていきました。

食後、血糖値が高くなるタイミングで、
運動すると血糖値のセーブになるので、
健康やダイエットによいということは知られていますが、
まさにその実践が出来たようです。

これを書いているのは2020年の12月ですが、
本来大掃除の時期である今よりも、ステイホーム中の4~5月の方が
はるかに家が綺麗だった気がします。

踏み台昇降運動もおすすめ

「もう掃除するところないよ!」という状態のある日、
何気なく始めた踏み台昇降運動。

しかし、思わぬ効果があらわれました!
いつになく、ぐっすり眠れて、翌朝が爽快だったのです。
「これはいいかも」
とすっかりお気に入りになりました。

掃除にはない、連続性のある運動。
特にふくらはぎをしっかり使えている感じがいいですね。

踏み台昇降運動は、時間も場所も選ばず
天候にも左右されず、
手軽に行える、ポテンシャルの高い運動だと感じました!

自宅で好きなテレビ番組や音楽を楽しみながらできますし。
しかも、踏み台昇降運動は掃除と同じくらいのカロリー消費が期待できます。

以後、雨の日や多忙な日など、
事情があってRUNが出来ない日の
心強い味方となってくれています。

リバウンドなしで継続中!

掃除と踏み台昇降運動…
コロナ禍でなければ、おそらく思いつかなかったメソッドです。

しかしこの2つのメソッドは、
私にとっての今後の生活様式の中で
欠かせないものとなりました。

おかげで、600キロRUNが出来ない期間も、
リバウンドなしで体を維持できています。
これを読んでいる方も、是非お試しください(^^)

マイクロツーリズムでリハビリ

とはいえ、夏の間まともなRUNが出来ないでいては、
600キロRUNに簡単には復帰できません。
そこで、宣言解除後は、8~10kmを目安に
自宅の近くで、リハビリRUNを行いました。

  • 7月は梅雨の小雨の中のRUN
  • 8月は暑さを避けて、早朝RUN
  • 9月は満を持して、日中のRUN

この時期のRUNは<いわゆるマイクロツーリズムというものです。
自宅からごく近くで楽しめる範囲のRUNですが、
600キロRUNにはない楽しさがありました。

こんな形で少しづつ体力と走力を回復させて、
9月末に600キロRUNに復帰しました!

いつかこのリハビリの日々もつづりたいと思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ