第1期まとめ

2019年12月にスタートした房総半島1周(通称600キロRUN)の
前半13回を「第1期」として、ランキングで振り返ってみたいと思います。

(2020年6月現在、ステイホーム中につき、お休み中…)
初めて読むというかたも、ご参考に!

これまでのあらまし

何か月かかるかわからない、壮大なお絵描きRUNの旅!

週1回ペースで、1回約20キロ。約3ヶ月かけて266キロ走りました。
基本的に川沿いなので、平坦なサイクリングロードがメインです。
冬の晴れた日を選んだので、青空と気の早い菜の花を楽しみながらのRUNでした。
ダイエット面では、3ヶ月め頃から、下腹が凹んで明らかに引き締まりました。経緯の報告はこちら
お絵描きRUNとしては、チーバくんの顎から頭頂部までが完了したところです。走行履歴のマップはこちら

印象的な駅

  1. (JR)佐原駅:古い町並みが駅舎にも反映されて風流 →⑫佐原駅-小見川駅(香取市)水郷を30キロ走破!
  2. (JR)安食駅:エレベーターの外壁が想像以上にかわいい→⑨湖北駅-安食駅(我孫子市-印西市-栄町)房総の駅が面白い
  3. (流鉄)流山駅:手作り感あるおもてなしがGOOD!→④矢切駅-流山駅(松戸市-流山市)流鉄に癒やされる
  4. (JR)舞浜駅:夢の国の雰囲気がJRにも漏れだしている→③舞浜-矢切駅(浦安市-松戸市)北風に向かって進め!
  5. (JR)香取駅&水郷駅:車窓から見ただけだが、駅舎が特徴的→写真も記事もありません。いつか書きたい…

印象的な場所

  1. 田中調節池(柏市):水がないのに”池”。その仕組みを知って納得。→⑧芽吹橋南詰-湖北駅(野田市-柏市)最長の25キロを迷走
  2. 利根川河口堰(東庄町):太平洋の海水逆流を防ぐ超・重要施設。→⑬小見川駅-椎柴駅(香取市-銚子市)コジュリンって何?
  3. 横利根閘門(香取市):大正生まれにして現役の重要文化財。土木遺産。→⑫佐原駅-小見川駅(香取市)水郷を30キロ走破!

 

観光で再訪したい場所

  1. 小野川沿いの町並み(香取市):土蔵作りなど明治・大正時代築の古い商家がずらり。→⑪滑河駅-佐原駅(成田市-香取市)追い風参照?
  2. 関宿城博物館(野田市):3県県境に立つ孤高のシルエットが印象的。関東富士見百景。→⑥川間駅-関宿城(野田市)千葉県の最北端へ
  3. 加藤洲十二橋(香取市):川めぐりの舟で巡りたい!→⑫佐原駅-小見川駅(香取市)水郷を30キロ走破!

嬉しかったこと

  1. スマホを駅に置き忘れた私に、全力で走って届けてくれた善意の人がいたこと→⑩安食駅-滑河駅(栄町-成田市)利根水郷ラインを鈍走!
  2. 道行く外国人風の人が「頑張って!」と外国語(たぶん)でエールをくれたこと→②二股新町-舞浜(市川市-浦安市)ディズニーリゾートへ
  3. 堤防工事の誘導員が「後ろからくる自転車にも気をつけてね」と親切に言ってくれたこと→記事はありませんが、江戸川沿いです。

辛かったこと

  1. トイレを長時間ガマンしたこと→⑧芽吹橋南詰-湖北駅(野田市-柏市)最長の25キロを迷走
  2. 風が強くて全く走れなかったこと→⑪滑河駅-佐原駅(成田市-香取市)追い風参照?
  3. 交通量が多く狭い道を走ったこと→⑧芽吹橋南詰-湖北駅(野田市-柏市)最長の25キロを迷走

まとめ

佐原がおすすめ

いいも悪いも含めて、最も思い出に残ったのは、香取市の佐原駅付近です。風が強くて、駅にたどり着くのに苦労した分、古い街並みに癒されました。また、その次の回にめぐった香取市の水郷地帯は、観光の要素が強く、見頃を迎えた菜の花も素晴らしかったです。

600キロRUNがひとくぎりしたら、今度はドライブで再訪し、時間の制約を忘れて、堪能したいです。

サイクリングロード比較

江戸川と利根川のサイクリングロードを比較すると、利根川の方が人気(ひとけ)が少なく感じ、その分走りやすかったです。

特に利根川沿いの「利根水郷ライン」は、車道やJRと併走しているので、買い物や補給、休憩、アクセスに優れていました。

この先、太平洋に出たら、サイクリングロードも様子が変わると思います。それも楽しみです。

旅の最終ゴールまでは、およそ329キロ。魅惑の太平洋へ向けて、わくわくの旅が続きます。