①千葉みなと-二股新町(千葉市-市川市)一人きりの旅立ち

2019年12月14日(土)
記念すべき600キロRUNスタートの初日!
私は千葉市中央区の「千葉みなと駅」に降り立ちました。

この日は、12月とは思えないほどの、ぽかぽか陽気!
まだ600キロRUNのことは、誰にも話していません。
だから一人きりの旅立ち。

実はスタート地点の候補は、二つありました。

  • 東京ディズニーリゾート(東京都との境にある)
  • 千葉みなと駅付近の海(県庁所在地である千葉市)

悩んだ末、やはりここは千葉の中心を選択。
千葉みなと駅から200mも離れてないところに、海が見えます。
ここは観光船乗り場にもなっていて、ナイトクルーズも出港しています。

ちなみに千葉港とは、東京湾東側に総延長100キロを超えて広がる、巨大な港です。いわゆる京葉工業地帯です。

今日はそのど真ん中から、東京方面に北上する計画です。私の走力では、1日20キロ程度が限界です。今日は二俣新町駅まで走ることにしました。地図で言うと、このあたりです!

今日のルート

千葉みなと駅-二股新町駅(千葉市-市川市)の一般道
約21キロ(予定)+寄り道

海沿いを走るので、彼方に首都東京を望むこともできます。 工業地帯であると同時に、海浜公園やショッピングモールが多い、華やかな地域です。

チーバくんで言えばこの辺り

今日はココ

10:30 千葉みなとを出発

千葉みなと駅界隈には、食品工場が多いです。山崎パンの美味しい匂いを嗅ぎながら、一路、稲毛方面へ。5キロほど進むと、人口渚の稲毛海浜公園に到着。

幕張稲毛シーサイドランニングコース

6.5キロのランニングコースが整備されています。海は人口浜で、遊泳禁止ですが、海沿いにはたくさんのランナーや散歩を楽しむ人がいます。ヨットハーバー、レストランやカフェもあり、華やかなランニングコースです。

さらに進むと、幕張エリアに到着。幕張メッセやZOZOマリンスタジアム、イオン幕張新都心、などなど。大型施設を横目にしながら、気分よく走ること約3時間。ゴールの二俣新町駅まで、残り4キロ地点で、アクシデントが起きました。

立体交差で道に迷った

ららぽーとTOKYO-BAYの付近で、一般道と高速道路と、さらに歩行者用の歩道橋が立体交差していました。

私は海にかかる橋 (一般道 )を渡るための高架橋の階段が見つけられず、成り行きでららぽーとTOKYO-BAY に入ってしまいました!

ランニングの格好でリゾートショッピングタウンに迷い込んだ私。かなり恥ずかしい。やっと屋外に出たと思ったら、そこは漁港でした。

船橋漁港だ!

どうやら船橋漁港のようです。テレビで特集されていたのを見たことがあります。漁業は自然相手の第一次産業でありながら、ここ船橋では都心に近く、シティライフと漁業を両立できるのだとか…都心に近いどころか、ららぽ隣接です!若い後継者さんにとっては、うれしい立地ですね。道に迷ったからこそ出会えたディープなスポット。ちょっと得した気分でした。

その後も幹線道路から逃れられず…

漁港でしばし、ゆったりとした気分に浸りました。漁港を後にして、再び幹線道路へ。ゴールの二股新町駅までは、海沿いに出ても、私有地(工場)が多いとみて、高速道路下の幹線道路をひたすら走りました。

前半の爽快な海浜公園のランニングとは異なり、排気ガスや粉塵も気になり、道迷いの疲労も蓄積してきました。

14:30ゴール!そしてご褒美の温泉

走行距離、およそ21キロ。暑さと排気ガスと粉塵と道迷いの不安…疲労困憊の末、ゴールの二俣新町駅(市川市)に到着!21キロを4時間もかけて走破しました!

しかし、この日はゴール後に、まだ楽しみがあるのです。というわけで、懲りずにあと、2キロほど走ります。

二俣新町駅から、さらに2キロほど東京方面に進んでたどり着いたのが「健康市川温泉クリーンスパ市川」。天然温泉で、掛け流しだそうです!

浴室は2階で、露天風呂や黒湯もあり、とても癒やされました。 露天の一角には「富士見の窓」というのがあって、富士山が見える…らしい(この日は見えませんでした)。着替えと洗面道具を背負って走ってきた甲斐がありました。

帰りは、最寄り駅まで、無料送迎してもらえます。温水プールもあるそうで、バスには、スイミングスクール生も乗っていました。疲れも癒え、電車で無事に帰宅することができました。

本日の総走行距離、およそ23キロ。何だかんだで、楽しかった~!今後も続けていけそうな気がしました。

今日のまとめ

↑千葉県PRマスコットキャラクター チーバくん  許諾番号:第A2328-1

  • 千葉市の人口渚は風光明媚
  • 稲毛-幕張間にはランニングコースもある
  • 千葉市-市川市間は、ショッピングモールが多く賑やか

RUNに関しては、いくつか今後の課題が浮かび上がりました。

  • グーグルマップでは、立体交差の詳細は分からない
  • 幹線道路では、粉塵対策の必要あり
  • 真冬でも長時間RUNでは、日焼け止め塗りなおす必要あり
  • 道に迷ったり、補給食とったりしているとペースは1キロ10分程度

再び最終ゴールの千葉みなとに戻ってくるまでは、およそ595キロ。わくわくの旅が続きます。