【回想】気づいたら茨城県にいた

今回は県境に関する旅の「こぼれ話」です!

千葉県の外周を走るのが「600キロRUN」のテーマだったはずなのに、
「いつの間にか茨城県にいた」という経験を2度しました。
2度とも、利根川沿いを走っている最中の出来事です。

利根川の変遷

600キロRUN前の私の知見では、
「千葉県と茨城県は、利根川を県境にして完全に分かれている」
と認識していました。
しかし、実際は利根川を越えて、
千葉県も茨城県も、お互いに
一部地域が飛び地として、川向かいに存在しています。

利根川は江戸時代に、治水のため人工的に流れを大きく変えた歴史があります。
いわゆる利根川東遷(とうせん)です。
その後廃藩置県で茨城県との県境が川を境に確定したわけですが、
近代に入ってからも、さらに流れを変える工事が行われたため、
結果的に川が県をまたいでしまう箇所が生まれたようです。

関宿城博物館付近

「県またぎ」1度目の経験が、
ここ↓野田市の関宿城博物館付近。

関宿城博物館前にある公園を散策していたところ、
路面に県境の表示が!
いつの間にか、私の現在地は茨城県でした。
わずか数百mですが、全然気づかないうちに、県またぎしていました。
地図でいうとこの辺です↓

ここはまさに江戸川と利根川が分かれる部分。
チーバくんで言えば、鼻の先。
「江戸川の南側は千葉県」だとばかり思い込んでいましたが、
正確には、関宿城博物館付近の一部は茨城県の五霞町でした。

小堀の渡し付近

2度目の「県またぎ」は、我孫子市を走っている時のこと。
サイクリングロードを走っていると、「茨城県取手市」の標識を発見。

↑画像の奥の湖が、昔は利根川だったようです。
今は、川から完全に分断されていますが、県境はそのままなので、
利根川を挟んで千葉県側に取り残される形になりました。

1.6キロほど進むと、再び千葉県我孫子市に戻りました。

少し離れた場所に大きな橋もありますが、
取手市では対岸に渡るために「小堀の渡し」を設けています。
今も市民の足になっているそうです。

香取市にも飛び地が

上述の2度の県またぎに関しては、
「利根川の南側に茨城県の飛び地」
という環境でしたが、香取市には、その逆もあります。

地図でいうとこの辺↓

観光資源にもなっている水郷地帯で
「十二橋」
「水郷佐原あやめパーク」
もこのエリアにあります。
600キロRUN当日の走行ルートを図説すると、こんな感じ↓

ここでは「常陸利根川」が県境になっています。
県境をできるだけ忠実に走るために、橋を渡って、
大~~きく廻って、また利根川の南に戻りました。

ちなみにこのエリア、チーバくんの頭頂部分ですが、
デザインには含まれていないようです。

RUNの後日知ったことですが、この他にも、野田市で1箇所、
利根川の北に千葉県がはりだしているエリアがあったようです。

今日のまとめ

  • 利根川は江戸時代に大きく流れが変わった
  • ざっくり言えば、千葉県と茨城県の県境は利根川
  • ただし飛び地が数カ所存在する

川の歴史を知るのも、楽しいですね。
県境マニアの気持ちがわかる!
つづく…

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ